目の疲れをとるサプリ!

 

目が疲れる原因は?

 

目の酷使が、疲れ目の引き金となっていると考えている方は多いかと思います。実際のところ、これも疲れ目のひとつの要因なのです。しかし、他にも目の疲労を招くものはあります。ここでは、その要因となるものを取り上げていくことにします。

 

まず、疲れ目のひとつ目の要因はストレスです。ストレスは自律神経のバランスを狂わせます。それによって、血流の悪化や、涙の分泌量を減らすということを招くのです。こういったことが起きた場合には、決して目に負荷をかけていなくとも、疲れ目になってしまいます。

 

続いて二つ目の要因ですが、これは眼鏡やコンタクトレンズが自分に適していない、あるいは遠視や乱視を矯正せずに放っておいているということが挙げられます。強引にピントを合わせようとするため、簡単に目に疲労が溜まってしまうのです。

 

他にも、食事の偏りによる疲労回復力の低下や、運動不足が招く血行の悪化なども、目の疲れを引き起こす要因となります。ここまで紹介してきたことに関して、意外に覚えのある方も多いのではないかと思います。

 

しかし、こういった日常的な要因以外に、病気によって疲れ目が起こることもあるのです。その病気とは、動脈硬化、高血圧、糖尿病です。他にもいくつかありますが、主なところとしてはこの三つになります。

 

また、疲れ目によって掠れ目という症状が出ることもあります。しかし、その要因は疲れ目と比較してみても大きく差はありません。長時間に渡るテレビ鑑賞やパソコンの使用をしたときなどには、特に目のピント調節機能が低下するため、視界のかすみを起こしやすくします。

 

また一方で、ドライアイ、緑内障、白内障、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性といった病気が関係している場合もあるため、注意が必要になります。

 

目の疲れは職場環境が影響している?

 

実は、目の疲労には職場の環境も関係しているということをご存知でしょうか。意外に盲点ではありますが、悪い点を把握し、それを改善すると効果が得られることも多いようです。ここでは、目の疲労と職場の環境について説明していきたいと思います。

 

まず一番は、照明です。特にパソコンを使用する環境ですと、モニターの明るさが室内の明るさよりも強くなってしまわないよう気を付けましょう。モニターから発せられる光が背景に映るものよりも強いと、疲労を溜め込みやすくなってしまうのです。

 

また、電灯がちかちかしていたり、電灯や窓の外からの光がモニターで反射していないかどうかという点も大事になってきます。白熱灯がお勧めです。ちかちかすることもなく、目に負担をかけにくいです。

 

とは言え、やはりモニターで反射してしまわないよう注意することは欠かさないようにしましょう。もしも位置関係的にどうしても映り込んでしまうという場合には、光の乱反射を防止してくれるフィルターの使用をお勧めします。

 

続いての着目点は、湿度です。職場では空調が作動していても換気はあまり行われないこともしばしばあるかと思います。特に、冬の時期になると暖房機器を作動させるかと思いますが、それによる乾燥が目にとっては天敵で、潤いの源である涙を蒸発させやすくしてしまうのです。なので、加湿器を用いて適切な職場環境を整えるようにしましょう。

 

もしも職場のスペースの問題で加湿器を置けないという場合には、コップに水を入れ、置いておきましょう。多少の感想対策にはなります。タライのように空気の触れる面積が広いものですと特に効果的です。また、空調の風が直接当たると目が乾きやすくなってしまうため、工夫することを検討してみてください。

更新履歴